problem loading posts

日雇い労働者の中にも、タクシーの運転手の中にも、エリック・ホファーはいるのだ。それが実感として伝わってくるんだよ。だが、彼らのほとんどは、いかなる著作も刊行することなく、彼らが考えていることをいかなる形にせよ公表することなく、そのまま死んでいくことであろう。このことは、とても潔くて、なぜかとても感動的なことだね。